バックナンバー

スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

【マクロスF/映画】 劇場版サヨナラノツバサ3回目の鑑賞&フィルムをオープンランカ! 【マクロスフロンティア】

2011.03.28(Mon) | EDIT

26日の上映からフィルム配布が始まったので、前売り券も残ってることだし3回目の鑑賞に行ってきました。
昨日、妻が行ってきたのでそれに追従する感じになったのですが
→記事リンクhttp://sybilla638.blog21.fc2.com/blog-entry-155.html

妻がもらったフィルムは、格納庫のYF29前でアルトがオズマに説教くらうあたり。
引いた視点なので、キャラクターが写ってはいるものの判別できず。
デュランダルのコクピットと翼が見えてるので、ハズレをギリギリまぬがれた感じでしょうか(;´∀`)

で、ぼくの収穫は…

Image2264.jpg

左はブックマーク。ランカはコレしか残ってませんでした。キレイなのでまあ良し
フィルムは右。真ん中のピンクの袋に入ってました。
シーンは”虹色クマクマ”のライブから。
小さいけどランカが写ってるので満足です(*´д`*)
引き伸ばしてプリントすればキレイなんだろうなあ・・・

以下、クリックで拡大します
Image2266.jpg Image2265.jpg

携帯ではうまく撮れませんでした(;´Д`)

映画の感想としては、さすがに3回目ともなると涙も出なかったです(笑
短期間に続けて観るのが良くないのでしょうか。
劇場は、関西では小さい小さいと言われてる梅田の映画館に行きました。
スクリーンはふたつで、各100人くらいのほんとうに小さいシアターです。
あんまり小さいので、普通の劇場であれば見にくい最前列でも問題ありません。むしろ音響の迫力を最大限に楽しもうと思ったら前の席のほうが良いくらいです。
大阪では他に難波で上映していて、そっちのほうがシアターとしての設備はすぐれているのですが、ぼくは梅田の劇場のほうが好きです。
梅田近辺でも大型のシネコンがたくさん出来て、こういった小さなシアターの経営があやぶまれている昨今ですが、がんばって続けてほしいと思います。

シネ・リーブル梅田(マクロスF上映館)
http://www.ttcg.jp/cinelibre_umeda/
スポンサーサイト

【マクロスシリーズ】 劇場版サヨナラノツバサ・26日より上映フィルム配布 【マクロスフロンティア】

2011.03.26(Sat) | EDIT

劇場版マクロスフロンティア~サヨナラノツバサ~全国上映劇場にて、本日26日より切り出しフィルムの配布がおこなわれるそうです。

封切りからちょうど1ヶ月ですね。
もう2回も見に行って、前売り券があと1枚しか残っていません。
アタリハズレの大きなフィルムのために劇場へ足を運ぼうか悩みます。

YF29のプラモも欲しくなってきたところですし…

前作イツワリノウタヒメの時にもフィルム配布がありましたね。
2回もらいに行って、あい君と爆発シーンでした(;´Д`)
その頃は1週間くらいは配布していたようですが、数量限定なので早めに行くに越したことはありません。

とりあえず妻が行きたがってるので行ってもらう予定です。

この前アニメイトで奇跡的に発見できたスペシャルチョコ。
Image2253.jpg
Image2254.jpg

カードが2枚入ってます。
ウエディングドレスとか俺得すぎます。本当にありがとうございました。

そしてダブるSPカード。。。
Image2263.jpg
これも愛のなせる業とか虫のわいたことを言ってみる

おわり

 

【フィギュア/雑誌】 ホビージャパン2011年5月号 マクロスFデカルチャーヴィネット”シェリル・ノーム”

2011.03.25(Fri) | EDIT

Hobby JAPAN (ホビージャパン) 2011年 05月号[雑誌]amazon

プラモデルやフィギュアの情報雑誌です。
この号には、シェリルのフィギュアが付録になっているので買ってみました。

本誌と開封前フィギュア
Image2258.jpg

巻頭から数十ページがガンプラ特集です。
マクロスは1/100プラモデル・YF29の特集になっています。
アルトカラー~ランカ・シェリルの各マーキングverを紹介しています。
精巧に造られてるのを見ると、自分でも作りたくなってきます。買っちゃおうかな。

以下、付録のフィギュアです

正面から
Image2259.jpg

白黒うさぎをミックスしたようなデザイン。
ハートの台座がきれいです
大きさは10センチくらい。小さいです。

近影。
Image2260.jpg

悩ましげな表情。眠そうにも見えますが

うしろ。
Image2261.jpg

ヒラヒラしたのや髪の毛をがんばってるっぽい。

おしり。
Image2262.jpg

くいこんでます。


出来は良くも悪くもなく。
オマケじゃなかったらスルーできるレベルでした。





【コミック】 ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~ 第6巻 【感想】

2011.03.20(Sun) | EDIT




ハーメルンのバイオリン弾き
というファンタジー漫画の続編です。
その第6巻。

前作が冒険ファンタジーだったのに対し、こちらは魔法学園モノになっています。
前作の主人公だったハーメルの息子グレートと、悲しい過去を背負った少年シェルのふたりが主人公。

大戦が終結して20年後の世界で、あらたな事件が起こります。
ストーリーの展開こそ遅いのですが、主人公をふたりにしたことで彼らの魅力と成長をじっくり描いています。
前作を知らなくても困ることはないと思いますが、読んでおくと「あのキャラクターのその後」が楽しめて良いかと思います。

カバーを取るとオマケ漫画。(クリック拡大します)
Image2255_20110322223009.jpg Image2256_20110322223008.jpg

こういった悪ふざけは本編の随所にも見られます。
シリアスなシーンでも容赦なく挿入してくるので、そういうのが無理な人にはキツイ作品です(笑
※シェルクンチクになってからは少なくなったようにも思いますが…


ちなみに、主人公の名前にもなっているシェルクンチクとは「くるみ割り人形」の意味だそうです。

wikiリンク
・ハーメルンのバイオリン弾き

・ハーメルンのバイオリン弾き~シェルクンチク~

【コミック】 LOST+BRAIN ロストブレイン 催眠術で新世界の神になる漫画 【感想】

2011.03.19(Sat) | EDIT

 

昨日、デスノートの小説を紹介して思い出したのが、このロストブレインという漫画です。

少年サンデーにて2007年に連載が開始されたとき、えらく話題になりました。
その理由は、2006年に惜しまれつつも連載が終了した少年ジャンプの「デスノート」。

そ の 続 編 が ハ ジ マ ッ タ !! 

と。

カンタンに内容を紹介すると、世の中がクズばかりでつまらないと思っているエリート高校生・氷山 (ひやま れん)は、あるきっかけで催眠術を知り、そのチカラで世界を変えてやろうと企みます。

1年をかけて学校の中に”催眠体”と名づけた実験用の生徒を増やし、いよいよ計画が始動。
催眠体のひとりを使い、新聞部のインタビューを装って官房長官を爆殺してしまいます。

そして、それを催眠術で操っている人間がいるとすぐに気づいた世界最高の催眠療法師、久遠寺。
彼はその催眠術のチカラを買われて警察の捜査を指揮することもあるという、これまたエリートです。

ここから氷山と久遠寺の催眠バトルが始まる…と思ったのですが、2巻めですぐに氷山の策略にはまって警察に身柄を拘束される久遠寺。
捜査当初、氷山は「最も注意すべき人物」としていながら、終盤では「由香(ヒロイン的な子)の友達としか思っていなかった」とか冗談みたいなブレっぷり。

ていうか、この人じゃなくて原作者が悪かったんですねこれは。

主人公の思考や久遠寺との関係などが「デスノートっぽい」「デスノートの続編か?」などと噂され、サンデー誌上でも事前にデスノートについてのアンケートがとられていたことなどから意識して作られた作品のような気がします。

デスノート終了直後であったことや、サスペンス部分の稚拙さ、催眠術という実際にありえなくもないネタの危険性、等の理由からわずか27回、コミックス3冊分で連載は終了。

催眠術という着眼点”だけ”はおもしろかっただけに、連載の時期や原作の練りこみを間違わなければ健闘できた漫画だと思います。

実は、ぼくはこういった打ち切り漫画がけっこう好きで、2巻や3巻で終わってしまうのが惜しいなあ…と思いながら時々コミックスを読み返します。
このロストブレインも、もう少し催眠バトルを見てみたかったのですが、同意見の人はきっと少ないと思います(笑

とくにおススメはしませんが、機会があれば読んでみてください。

【読書】 L change the world 「デスノート」のスピンオフ小説 【映画】

2011.03.18(Fri) | EDIT

L change the WorLd(amazon)

Image2257.jpg

デスノートの小説です。
この【L change the WorLd】という作品は、実写映画「デスノート」の後日談です。
夜神ライトと決着をつけるために、Lがみずからデスノートに記した【23日後に死ぬ】という期限。
その23日間に起こったある事件についてのストーリーがこの小説で描かれています。

いちおう実写版映画にもとづいた内容ではありますが、キャラクターの描写は原作漫画版にちかいものになっています。
Lについては、やや感情的で人間味が増してアクティブに。
それまでの作品では描かれることのなかった彼のあたたかい部分をたくさん見ることができます。
そこがファンに受け入れられるか否か、感想が二分しろうですが、ぼくはもともとLのファンではなかったためか割りとすんなり受け入れることができました。

ストーリーそのものは、よくあるサスペンスだったように思います。
ウイルス兵器のカギを持つ少女とLを追う犯罪組織からの逃亡劇。
そこにFBIからの襲撃も加わり、三つ巴の攻防戦を、拠点をうしなったLはどう切り抜けるのか。

ずっとコンピュータールームに引きこもっていたLが、この映画では思い切り外に飛び出し、東京~大阪までを走ります。
Lと少女、FBIよりデスノート回収の命をうけて行動をともにする捜査官、この3人の関係がなかなかおもしろく、しらなかったLの様々な面を楽しむことができると思います。

そして、事件解決後にひとり静かに息を引き取るシーンは感慨ぶかいものがありました。

文体がすこし素人くさいかな、と思ったのですが、作者は「M」とされているだけで、その正体を明かしていません。
そこに謎を持たせる意味がまったくわかりません(笑

表紙の装丁や、口絵はさすがの小畑氏が描いただけあって美しいです。
本文は1ページに2段で書かれているので、ページ数そのものは少ないのですがなかなか読み進めている感じがせず、その点はややストレスを感じました。
文庫だったら読みやすかったのかもしれませんが、その場合は口絵が楽しめなさそうです。

読んでからすぐに映画版のほうも見たのですが、話の筋はほぼ同じだったものの、人物の設定や位置づけなどがかなり異なっていました。
とくに、ナンチャン演じるFBIの駿河の位置がスゴク微妙で(笑
彼がなぜLに肩入れするようになったのか、その動機が映画ではサッパリわからない。
いい人だし映画的にも重要な人物だったので、そこはちゃんと描いてほしかったです。

松山ケンイチの演じるLは良かったです。
奇妙な動きや、独特なしゃべり方で見事にLを演じきっていました。
藤村さんのワタリもハマリ役ですね。
彼らが演じるLとワタリのエピソードはもっと見てみたい気がします。

あと、この映画は前2作のデスノートよりも血なまぐさい描写が多かったので、そういうのが苦手な人にはあまり勧められません。小説を読みましょう。





備えあれば…

2011.03.17(Thu) | EDIT

関東・東北巨大地震の影響か、他地方では防災関連の商品が品薄になっているようです。

たとえば、保存に適した食料(カンヅメ、カップラーメン、レトルト食品、菓子など)や、懐中電灯、乾電池、紙おむつに粉ミルク、果ては携帯トイレまで売り切れる店舗もあったとか。

防災意識が高まるのはわるいことではないと思うのですが、皆が一斉に買い占めのようなことをおこなえば、本当に必要としている人に品物が届けられないこともあります。

品切れ、品切れと報道されれば、皆が不安になって同じものを買い求めようとするのは、ある種の狂気すら感じさせられます。
買おうとしているものが本当に「いま必要なのか?」「他に必要としている人がいないか?」よく考えて買い物をしてほしいと思います。

自分だけ助かればいいというのではありません。

被災地に住む親戚・知人に送りたいという気持ちもわかりますが、少しずつでも救援物資は届けられています。
さらに迅速かつ適量をとどけるためには、まとまった物資の確保が必要なのではないでしょうか。
個人が買い占めをおこなうことによって、それが妨げられることがあってはいけません。

届けられた物資も、どの避難所にどれだけ配布するか、判断がむずかしいようです。
被災された皆さまに、平等に、過不足なく届けられることを願います。

そして、一刻もはやく復興にむけて前進できることを願います。

【コミック】 魔法少女まどか☆マギカ 公式コミカライズ第2巻 【感想のようなもの】

2011.03.16(Wed) | EDIT

魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)amazon

3月12日に発売でした。
じつは、少し前に取り寄せで手に入れた第1巻は古本屋に売り払ってしまいました。
買ったときは特に言及しなかったのですが、ひどい表紙詐欺だなあなどと思っていた矢先にアニメがつまらないと感じてしまったのが動機で。

で、問題の第2巻です。

Image2248.jpg Image2249.jpg

表紙とカラーのピンナップは綺麗です。
背景とかもうちょっとキチンと描けませんかとは思いますが…

中身は1巻ほど表紙詐欺とか思わなかったです。
若干でも作家さんの画力の向上が見られるのでしょうか(笑

カバー裏にオマケがあります。
Image2250.jpg

キュゥべえは、アニメ版とコミック版で意図的に描き方を変えていたのがわかり感心しました。
契約契約うるさいこの生き物、巷ではセールスマンのお手本になっていたりするようです。

Image2251.jpg Image2252.jpg

本編のキュゥべえは、少しこわいです。
あと、さやかが血みどろになって戦うシーンとかありますが、大筋はアニメといっしょ。
次の3巻で完結だと思います。
その完成度によっては1巻を買い戻すかもしれません(笑

ちなみに、アニメイトではコミックスの連続購入で収納ボックスがもらえます。
どんな絵柄か楽しみです。







【小説/読書】 乙一「The Book -jojo’s bizarre adventure 4th another day」 ジョジョの奇妙な冒険第4部ノベライズ 【感想】

2011.03.15(Tue) | EDIT

The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day(amazon)

ジョジョの奇妙な冒険、第4部を舞台にしたオリジナル小説です。
ぼくは、いま流行のライトノベルというジャンルが好きではないので読まないようにしているのですが、ジョジョは好きだし本の装丁もハードカバーでライトっぽいところが無いので買ってみました。
というか、2007年の発売当時に買っており、4年ちかく経った最近になってようやく読んだのでした。
こんなに長期熟成した理由はとくにありません(笑

Image2255.jpg

Image2256.jpg

ものすごく高級感のある表紙で、タイトルと舞台である杜王町のシンボルが金で箔押しされています。
表紙をひらくと、「とびだす杜王町マップ」!
3D時代の先駆けですね(ちがう
※余談ですが、先日ゲームショップで「3DS」を体験してみたら立体表示が「手前に飛び出す」んではなく「奥に引っ込む」感じの画面で、なんとなくだまされた気分になりました。


これだけでコレクターアイテムとしては定価1500円を出してなお安い買い物であったと思えます。

内容については、ものすごく悲しくて救いもあるかどうか怪しいお話なので、そういうのが苦手な人はジョジョファンでも読まないほうがいいかもしれません。
小説じたいは、この乙一さんという作者は人気もあるだけあって読みやすく書かれていました。
ところどころ、ひらがなを多用していてかえって読みにくい場面もありましたが…

杜王町という、奇妙な町の雰囲気をうまく使ってはいるけれど、本作オリジナルの主人公が仗助たちの「敵」になる理由が弱いんじゃないかと思いました。
これがジョジョではなくて、乙一さんのオリジナル作品だったら良い作品だったろうになあ、という印象がぬぐえません。(とは言え、ジョジョという名前がなければ読んでいないわけですが)
それか、舞台は杜王町ではあるけれど、仗助たちとは関係のないところで起こった事件として描くとか…

文章の中に、原作漫画を読んでいればうれしい単語などが随所に出てきます。
それがクドいと感じたり、時に場にそぐわない、興ざめするといった感想もありますが、そのへんは人それぞれでしょう。
ぼくがいちばんイヤだなあと思ったセリフは、康一くんの同級生が言った「コミックスのノベライズって同人誌とどう違うんだろ」というもの。
それをやってしまっている作者が言っちゃっていいんでしょうか。皮肉なのか、わざと不快感をあおってるのか、理解に苦しみました。

「ジョジョ」という冠があるばかりに鼻につく場面も多々あったのですが、1編の小説としてはよく出来ていたと思います。
原作者の荒木さんは、第4部執筆当時にはいろんな制約で表現しきれなかった部分をこの小説で補完することができて満足だとおっしゃっていました。(公式での対談より)

いち読者としては100%満足できる内容ではありませんでしたが、今後もこういった本が公式に出ればやっぱり読むと思います。
現在連載中のスティール・ボール・ランも、いろいろサイドストーリーができそうで面白そうだと思うのですが、いかがでしょうか。




自分にできること

2011.03.14(Mon) | EDIT

東北の巨大地震から4日目。
被災地ではない自分たちの感覚では「もう4日か」といった感覚だけれど、被災された方々の1日はどれほど長く感じられるだろうか。

関東あたりでは電力の不足を懸念して、店舗は早じまいをしたり節電につとめているようだ。

いっそ、被災地でない地区でも節電を徹底すればいいのに。
パチンコ屋とかゲームセンターはしばらく営業しないほうがいいんじゃないだろうか。
あとスーパー玉出とか。

ぼく個人でも、なるべく無駄な電気は使わないようにと気をつけることにした。
水やガスなんかもできるだけ節約したい。
被災地にたいして自分にできることなんて、とても少ないのだから…

あとは少しの募金くらいだろうか。

駅前でNPOのジャンパーを着た老人が募金を呼びかけていたので、通りがけに200円ばかり入れたと妻に話すと、けげんそうな顔をされた。
どうも募金活動にネガティブなイメージをつよく持っているらしい。

たしかに今回の震災をダシに義援金詐欺をはたらいた輩もいるようだ。
そういう連中のおかげで、ほんとうに支援したいと思って活動している人たちの妨げになることは本当に腹立たしい。

わずかばかりの募金もできないのであれば、もう出来ることはなくなってしまう。
お金持ちだったら物資を送ったりとかできるだろうけど…;´・ω・)

このブログにしても、しばらく自粛したほうがいいのか悩みましたが、明日からは通常どおり更新したいと思います。
被災地でないところまでが活気をうしなってしまったら、復興にもわるい影響がでてしまうような気がします。
ここを見てくれた人が、すこしでも元気になってくれたら…そんなブログになれたらいいと思いました。

あ、そうだ。
ブログの記事をひとつ書くごとに5円くらい自動的に募金してくれるシステムがあればいいのに。
FC2の管理者さん、そういうシステム作れませんかねえ?´▽`)

【アニメ】 魔法少女まどか☆マギカ 第10話「もう、誰も頼らない」 【感想】

2011.03.12(Sat) | EDIT

残すところ3話となったまどか☆マギカです。

第10話の今回は、ほむらが魔法少女になったきっかけと、現在のまどかたちに出会うまでの経緯が語られます。
ぼくの中では4話以降ずっと低迷していたこのアニメ、ここに来てすこし盛り返したような印象をうけました。

というのは、”ほむら”というキャラクターそのものに焦点が当てられた話だったからだと思います。
”さやか”や”杏子”の回も悪くはなかったのですが、やはり物語の核心にふれる”ほむら”の過去が描かれた今回は興味深く見ることが出来ました。

以下、初見で感じたこと。

ほむらの能力はザ・ワールド+キラー・クイーンだよね。

以上。

時間停止(ザ・ワールド)に、巻き戻しと爆弾(キラークイーン)。
こんな組み合わせ、ぜったい意図的にやってるとしか思えません。
ジョジョ的に考えれば「無敵」すぎませんか。

まどかが最強の魔法少女→最悪の魔女という図式も読めすぎちゃったなあ…

とりあえず元気なマミさんが少しだけ見れたから良しとしておこう。

残りあと2話。意外性がほしいわけではないけれど、どう収拾をつけるのか楽しみです。

本日12日は単行本の第2巻が発売です。
買おうかどうか考え中。。。

 

東北での地震

2011.03.11(Fri) | EDIT

きょう15時ころ、東北で起きた大地震は、関西在住のぼくの会社まで揺れが伝わるほど大きいものでした。
その後、報道で被害の甚大さを知りおどろきました。

津波に流される家、工場施設の大爆発、ビルなどの倒壊…

作り物ではない映像がリアルタイムで流れ、これが明日は我が身かもしれないと思うと背筋がさむくなります。

直接ぼくにできることはなにもないけれど、せめて被災地の方々が安心できる日がいち早くきますように…

【アニメ】 マクロスFウエハース5 3個ほど開封してみました 【マクロスフロンティア】

2011.03.09(Wed) | EDIT

最近マクロスのことしか書いてない気がします。
他になにか無いんでしょうか。なにも無いんでしょうか。
そんな人生でいいのでしょうか。

と、いうわけで。
先日1ボックス買ったマクロスFウエハースの第5弾です。
1日1個、会社に持っていって食べてます。
今日までで3個あけて出たカードの報告でも。

Image2245.jpg

ランカ×2、シェリル×1
ランカの1枚は描き起こしです。ヽ(´ー`)ノ
いちばんの目当てだったカードが早々に出てしまったので、あとはなにが出ても怖くないです(笑

追記にて、昨日買ったネタバレアルバムの感想でも。

【アニメ】 劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~ サウンドトラック 後編歌曲ゼントラ盛り! 【マクロスフロンティア】

2011.03.08(Tue) | EDIT

劇場版マクロスF サヨナラノツバサ netabare album the end of”triangle”

発売日より1日早くGETしてまいりました。
劇場版サヨナラノツバサで使われたランカ&シェリルの歌が余すところなく収録されています。

Image2244.jpg

ジャケットは綺麗なアルト。
たぶんラストシーンでの彼の微笑みだと思います。
オビの裏にもイラストがあるのは、すでにお約束ですね。

CDの内容は、後編で使われた歌曲とサントラがすこし。
ぜんぶ聴いてわかったのですが、シェリルのソロ新曲って1曲しかないんですね…
ランカのソロ新曲は4曲もあるのに。
でもシェリルは前編でユニバーサルバニーのアルバム出してるから、差し引きゼロかな?
シングルはランカのほうが多いみたいですが。

このサントラのサブタイトルに「netabare album」とあります。
文字通り映画のネタバレな歌ばっかりで、オビにも「映画を観てから聴くとより楽しめます」と注意書きがあるので、ここでの楽曲紹介は自粛いたします。

聴きながら映画を思い出して少し泣きそうになりました(笑

当分はこればっかり聴いていそうです。







誕生日を祝われてみました。

2011.03.06(Sun) | EDIT

きょうは、わたくしの何回目かの誕生日でした。
いろんな書類に書く年齢がひとつ増えるのがコンプレックスに感じはじめた今日このごろです。

あまり特別なことはしていないのですが、とりあえずケーキとプレゼントで祝われてみました。

Image2242.jpg Image2243.jpg

写真はクリックで大きくなります。
左はケーキ、というかタルトです。ヨーグルトムースの上に3種の柑橘類が美しく並んでいます。
右はディズニーシーでしか買えないクマのぬいぐるみ、ダッフィーです。
ネットで取り寄せてもらいました。
これの女の子バージョンは1月の旅行で買っていたのですが、帰ってから両方買わなかったことを後悔して今回の購入となりました。
毛並みがよくて抱き心地がイイんですよ。
ぼくみたいな年齢の男が持つアイテムではないのかもしれませんが…(;´∀`)

とにかく人気のアイテムで、ディズニーランド&シーでは、このクマを抱いて歩いてる人がとてもたくさんいました。
別売りで着せ替えの洋服なんかもあるので、次の機会に買いたいと思っています。

ちなみに、このダッフィーというクマの由来ですが、航海に出るミッキーのためにミニーがプレゼントしたテディベアということだそうです。

だいじにします、ありがとう(*´д`*)

【アニメ/映画】 劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~ グッズ買い足し&2回目鑑賞による感想 【マクロスフロンティア】

2011.03.05(Sat) | EDIT

劇場版マクロスフロンティア~サヨナラノツバサ~、2回目の鑑賞に行ってきました。

2回目を観ながら思ったことは、1回目の鑑賞のときよりも大らかな気持ちで見れたというか、前回ゆるせなかった部分のほとんどを雪融けしたかのように暖かい目で見ることができたなあってことです。

なんか、”虹色くまくま”のライブシーンから以降、歌が出るたびに涙が出てた気がします(笑

ちょっとだけネタバレあり感想は追記にて。

今回手に入れたアイテム(クリックで拡大します)
Image2241.jpg ②Image2239.jpg
Image2240.jpg
①:映画館グッズ
②:帰りにナムコで取ったうまい棒ランカ
③:きのう買ったフィギュア

映画館グッズの内訳は、マウスパッド・ボールペン・木札ストラップ(ランカ、アルト)
ブックマークはランカAをもらいました。
(先日、妻が2回目の鑑賞に行ったのと合わせて)
ボールペンはキラキラした星の中をオオサンショウウオさんが泳いでいて綺麗です。
木札のアルトは妻にあげました。

現状で3回目の鑑賞は考えていませんが、前編のようにフィルムコマが追加されるとかあったら行くと思います( ´ー`)


ネタバレ追記へ

【アニメ/映画】 マクロスFウエハース5とR-style(フィギュア)買ってきた 【マクロスフロンティア】

2011.03.04(Fri) | EDIT

マクロスFのウエハース第5弾と、R-styleといいうミニフィギュアを買ってきました。

Image2238.jpg

ウエハースは1ボックス20個入り(笑
おいしいんだけど、ちがう味も出てほしいなあ…
R-styleというフィギュアは、3頭身くらいにデフォルメされたもので、劇場版サヨナラノツバサよりランカ2種、シェリル1種が出ています。
中身が記載されていて、これはランカ2種です。シェリルは売り切れでした。
妖精ランカがいち早く立体化されてます。

明日、5日の土曜日は劇場版2回目の鑑賞に行こうと思います。
ポップコーンとオオサンショウウオさんのボールペン買いたいです。

【アニメ/映画】 劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~ 初見による感想(ネタバレ) 【マクロスフロンティア】

2011.03.01(Tue) | EDIT

『劇場版マクロスF~サヨナラノツバサ~』の感想です。

前回はネタバレ自重で軽く書いただけにとどめましたが、自分のなかで少し整理できたので中身について書きたいと思います。

たぶん辛口気味なので、そういうのが大丈夫な人だけ追記より進んでくださいませ。

FC2カウンター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2011年03月 | 04月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


マクロスF~名言集~



Spcial Thanks マクロスF

プロフィール

shin

Author:shin
ポケモンXをプレイ中ですぅ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。