スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

【アニメ】 マクロスFランカのカッティングステッカー作ってみました 【ヲタグッズ】

2010.06.20(Sun) | EDIT

ニコニコ動画で、アニメのカッティングステッカーを作る動画を見ていたら自分も作りたくなったのでやってみました。

まずは道具をそろえます。
最低限として必要なものは…

・元になるイラスト(図案)
・材料(カッティングシート)
・デザインカッター
・スプレーのり
・アプリケーションシート(転写シート)

これだけあれば、とりあえず何とかなります。

ぼくの場合、カッター以外の材料は会社で調達できました。
実質ゼロ円(笑

まず図案を用意。普通紙にプリントします。
Image1442.jpg
イラストはカラーのままでも良いですが、画像加工ソフトで白黒にしておくと、切るところを見きわめやすいです。

スプレーのり
Image1443_20100620173616.jpg
これはプリントした図案をカッティングシートに貼りつけるためのものです。
かならず紙専用のものを用意しましょう。
写真は3Mというメーカーの55番です。
普通に買ったら1本2000円くらいですが、会社にはケースで置いてあるので失敬してきましたヽ(´ー`)ノ

100円ショップでも似たようなものが売ってるらしいですが、性能は保証できません。

デザインカッターと、カッターマット
Image1444_20100620173616.jpg
カッターはアニメイトで400円くらいのを買いました。
マットは100円ショップでおk

肝心のカッティングシートの写真がありません。
忘れてたんではなく、うまく撮れなかったので…
カッティングシートはホームセンターや画材店に売っているそうですが、ぼくは会社で同じような材料を失敬して(ry

動画を見ていると、黒の材料がほとんどですが、いろんな色のものがあるようです。
今回は白の材料を切ってみました。
自分の黒いパソコンに貼ろうと思って。

あまりくわしく解説する予定ではなかったので、工程の撮影をしていません。
手順としては、

①イラストの裏にスプレーのりを吹きつけ、カッティングシートに貼り付ける
 ※この時、何度か貼って剥がしを繰り返して粘着を弱めておくとよいです

②イラストにそってカッターで切っていく
 ※どこを切るかは自身のセンスで。細かくて切れねーと思ったら、適当にアレンジするも良し

③貼り付けたイラストとカッティングして不要な部分を剥がす
 ※②の段階で切りながら剥がしても良いのですが、細かいところが剥がれてなくなることがありますので注意

④完成
Image1445_20100620173615.jpg
初挑戦なわりには良く出来たと思いますが、どうでしょうか。

このあとはスプレーのりでベタついているのをキレイにして、転写用のアプリケーションシートを上に貼ります。
ぼくの場合は会社に似たようなものがあるので代用します。

わかりやすい解説ではないと思うので、動画サイトで「ステッカー」とかで検索すると良いです。

なかなかおもしろい作業ですが、けっこう疲れます、これ。
スポンサーサイト

コメント

ミミカキ #WUuPOAWk

へぇ~(・∀・)
とても面白そうですねww

何かあっしも無性にやってみたくなりました(´∀`)

しかし、細かい作業が苦手なあっしにはちょっと困難な
作業かもしれない・・・。

2010.06.21(Mon) 22:55 | URL | EDIT

shin #-

2時間かかりました(;´∀`)
パソコンに貼ろうと思ったら、大きすぎて泣けた…

細かいの苦手でも、根気があればなんとかなるなる。ですよ。

2010.06.21(Mon) 23:03 | URL | EDIT

PageTop↑

コメントの投稿


FC2カウンター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


マクロスF~名言集~



Spcial Thanks マクロスF

プロフィール

shin

Author:shin
ポケモンXをプレイ中ですぅ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。