FC2ブログ

【アニメ/映画】 借りぐらしのアリエッティ みました 【スタジオジブリ】

2010.07.18(Sun) | EDIT

スタジオジブリの新作映画「借りぐらしのアリエッティ」を観てきました。

観おわって素直に”いい映画だったなあ”と思える内容でした。

ラピュタやトトロのようにドキドキ・ワクワクするような冒険はないし、
あとで唸らされるような緻密な複線や、CGを使った派手な演出もありません。

物語の中に難解なことはひとつもなく、ただただ、人間の家の床下でくらす小人たちの生活と、その家にやってきた少年との出会いから別れが、静かに、丁寧に描かれています。

背景の自然や、小人たちの使う小物なども細かく美しく描きこまれていました。
このあたりはジブリの得意とするところでしょう。
家じたいは(いまの日本にこんな家あるか?w)と思うほど、それこそターシャ・テューダーの庭みたいに草花が生い茂ってたりしますが(笑

「ハウル」や「ゲド」が難解(というか意味不明)すぎて楽しめなかったので、このアリエッティはとても気持ちよく観ることができました。
キャストも全員が声優ではなく俳優ばかりで棒読みに聞こえることもあったのですが、むしろそれくらいのほうが素朴な感じが出て、世界観を邪魔していなくて良いと思いました。

この夏に爽やかな清涼感をくれる、おすすめの映画ですよ。

映画がよかったので、さっそくカッティングステッカーを作成。
Image1699.jpg
ま、こんなもんかな。。
児童文学の挿絵みたい(笑

以下、追記にてネタバレあり感想です。

真夜中、人間の家にこっそりと物を「借り」にくる小人たち。
人間の家の大きさは、それだけで小人たちにとっては大冒険です。
釣り針と糸を使って食器棚を降り、両面テープを手足に貼ってテーブルを昇り、角砂糖をゲットするお父さん。
それを見て「お父さんすごい!」と拍手するアリエッティがかわいいのです。
借りに出かけるとき、アリエッティの目から見たお父さんの背中が、とても大きくて頼もしかったのが印象的でした。

人間の男の子・翔との出会いは、物語の半ばくらいでしょうか。
ふたりの交流はそんなに多くは描かれていなのですが、病気で生きることを諦めかけていた少年が、自分よりも小さな小人のために走る場面がよかったです。
心臓のよわい彼は、きっと人生ではじめて全力疾走したのでしょう。
それでも、アリエッティたち小人を守るため、走ったのです。心臓が止まってしまうかもしれないのに。
そして、彼の心にはやがて生きる勇気と希望が生まれるのです。

ちいさな出会いが少年の心に変化をもたらした、心あたたまるお話でした。
スポンサーサイト

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


FC2カウンター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2019年08月 | 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


マクロスF~名言集~



Spcial Thanks マクロスF

プロフィール

shin

Author:shin
ポケモンXをプレイ中ですぅ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム