スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

【コミック】 バクマン。第9巻 これでいいのか少年ジャンプ 【ジャンプ】

2010.08.06(Fri) | EDIT

バクマン。 9 (ジャンプコミックス)
Image1751.jpg

ユンボルに浮かれていたので、こちらの発売日を見逃していました(馬鹿
なんで本屋で気づかなかったんだろう。

ともあれ、2日おくれで買って読みました。

今回は、うーん…どうだろうか?

と言わざるをえない。

マンガ的にはこういう展開にしたほうが面白いのはわかる。
でも、実際に存在する舞台の上でリアルに描かれてきた物語、それでいいのか?
と、非常に疑問に感じました。

以下、ネタバレもあると思うので追記へ。
ギャグマンガ路線で連載をもぎとったサイコーとシュージン。
アンケ人気は中ほど。低年齢層のウケがすごく良いといわれるが、しだいにネタに詰まり、現在のスタンスは自分たちに合ってないんじゃないかと悩むふたり。

そんな中、新連載で順調に人気を得る蒼樹嬢や、ラッコ11号のアニメ化、さらには新妻エイジの2本連載、などに触発され、ふたりはいまの連載をやめたいと編集長に直談判する。

結果、次の契約更新までにいま以上に人気のとれるマンガが描けなければ契約を解除、という条件で彼らの申し出は受け入れられた。
次回作の構想もないままに…

で、どうだろうか?

ですよ。
たしかにネタに詰まり苦しんでいた彼らにとって、ギャグを続けていくことがベストではないのはわかる。
それでも、ある種の才能から器用にもギャグマンガの体裁を保ち、連載陣のなかでも中堅の位置にいることはじゅうぶんに可能だった。
それを蹴ってまで、さらなる高みのためにいまの連載をやめる―。

実に少年マンガ的ではある。

けれども、マンガとはいえ実際に存在する雑誌、編集部のなかで、まだ若い作家のこうした暴挙、というか暴走ともいえる行為をゆるしてしまってもいいのでしょうか。

彼らは、ギャグをやめて当初のようなブラックなストーリー、ジャンプでいえば邪道なマンガを描きたいという。
それはいい。
だが、そのためにいま、低年齢層からの支持をえている今の作品をやめ、まったく方向がちがうものを描く、ということは、あたらしく得られたファンを切り捨てるということだ。

毎週ジャンプを、「はやく次のタントが読みたい!」と思ってる少年たちは少なかならずいるはずなのに、
好きだったマンガが打ち切られたときの悲しさだって彼らは知っているはずなのに、
そこを切ってまで自分たちに向いてないからとやめてしまうのは、あまりにも身勝手でわがままにしかおもえない。
そして、それを大人である編集者たち、編集長までもがさせてしまっていることの恐ろしさ。
彼らは読者をなんだとおもってるんでしょうか。

もっと人気がほしいとか勝負だとか、読者は知ったことじゃあないんですよ。
いちどはじめた連載、待ってる子どもがいる。
それを考えたことはあるのでしょうか。

(大好きだったユンボルが人気なくて10回で打ち切られたときは、そりゃあ悲しかったもんです。アンケ出したことなかったけどw)

編集や作家のエゴにつきあわされるようなマンガ雑誌なら読まないほうがいい。
って、ぼくはとうの昔にジャンプ読むのやめたんですが。

編集長の「やめたければやめろ。連載を途中で投げ出すような作家はいらん」といった毅然とした態度には一瞬ハッとさせられたのですが、結局は彼らを甘やかす結果になり残念。

描きたいものを描きたいように描きたい、他誌に行くのもいやと言うのなら、同人誌でも作ってればいい。

とおもうのですが、どうだろうか?

スポンサーサイト

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


FC2カウンター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2017年03月 | 02月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


マクロスF~名言集~



Spcial Thanks マクロスF

プロフィール

shin

Author:shin
ポケモンXをプレイ中ですぅ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。