スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

【アニメ感想】 劇場版トップをねらえ2!DIEBUSTER 壮大な宇宙ロマン、ここに完結!

2010.12.13(Mon) | EDIT

新世紀エヴァンゲリオンで有名なGAINAXのロボットアニメ「トップをねらえ!」の続編にあたる作品です。
OVAが全6巻だったかで出ていたものですが、その後、第1作とあわせて”合体劇場版”として上映されました。

内容はOVAの再編集で、劇場用に短縮したものですが、とくに問題なく理解することができました。

あらすじは、1作目から遥か未来。
アンドロイドの主人公ノノが、宇宙怪獣とたたかう”トップレス”になりたく宇宙パイロットのエースである少女ラルクを「お姉様」としたってつきまとうところから始まります。

中盤、ノノはトップレスに必須な”バスターマシン”を得るため冥王星へ。

そこでバスターマシンを得ることはできなかったものの、ノノ自身がバスターマシン7号として覚醒してしまうというぶっ飛んだ展開になります。

そこから終盤まで、トップをねらえよりはグレンラガン的なノリというか勢いだけで押し切ってしまったような気がするのは残念に思いました。
前作は、まがりなりにもいちいち科学的な説明がなされているのがハードSFな雰囲気を出してて大好きでした。

宇宙怪獣が実はバスターマシン7号(ノノ)を守っていたとかいう解釈はおもしろかったです。
あと地球にエンジンつけて引っ張ってくとこなんかも。

そして、細かい不満いろいろあるのですが、クライマックス。

ラルクが見上げた空に星がふたつ。

まっ黒い画面にテロップが流れます。

「その夜、ガンバスターが帰還した。」

これには感動を禁じえません。

前作を何度もみたからこそ、このエンディングはとてもとても感慨ぶかいものがあると思います。

もう一度1作目を見たくなってしまいました。
2は…もういいや(笑
スポンサーサイト

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


FC2カウンター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


マクロスF~名言集~



Spcial Thanks マクロスF

プロフィール

shin

Author:shin
ポケモンXをプレイ中ですぅ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。