スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

【アニメ/コミック】 魔法少女まどか☆マギカ 公式コミカライズ第1巻 グロ注意、らしいです

2011.02.22(Tue) | EDIT

Image2228.jpg 


アニメが大人気を博しているらしい、「まどか☆マギカ」のコミック第1巻です。
このコミックも今月12日発売だったのですが、軒並み即日完売だったそうで、アニメイトで取り寄せてもらって手に入れました。

このコミック、基本的にアニメのストーリーをなぞっているようですが、魔女との戦闘においては残酷描写に拍車がかかっているみたいです。
アニメでもじゅうぶん衝撃的だったわけですが。

あとアニメでは無表情なキュゥべえは表情豊かに描かれているのも大きな違いです。

以下3巻まで毎月刊行されますが、今後もアニメのストーリーをなぞらえるのか、それとも独自の展開をみせるのか、たのしみです。

アニメは現在7話まで終了しています。
依然として主人公まどかが魔法少女になっていないわけですが、彼女が今後どうなっていくのかすこしだけ考えてみました。

追記にて。

-----

アニメのタイトルに反して、いまだ魔法少女にならない主人公まどか。
彼女には魔法少女としての大いなる才能が秘められているという。

魔法少女は、ひとつだけどんな願いでも叶えてもらうことと引き換えに魔女との戦いを課せられる。

先輩である巴マミの死や、さやかと杏子の戦いを目の当たりにして悲しみに心を削られていくまどかの願いはおそらく決まっているはずである。

魔法少女と魔女の戦いによる負の連鎖を終わらせること、ではないか。

むろん、死んでしまった愛しい先輩を生き返らせるという望みもアリかもしれない。
しかし、それでは戦いが終わることは決してないし、誰かが理不尽に死んでいく悲しみが終わることもない。

では、この戦いは何をもって終了となるのか。
魔女はどれくらいの数がいるのか。
魔法少女はいつまで戦えばいいのか。

なぜ”少女”でなくてはいけないのか。

「魔法少年」や「魔法熟女」ではいけないし、「魔法婦人」でもだめなのだ。

あくまでも「少女」でなくてはいけない。

しかし、人間は大人になる。

成長して「少女」でなくなった魔法少女はどうなるのだろうか。

答えはカンタンな気がする。

1.魔法少女として契約が成った時点で成長が止まる。
つまり永遠に戦い続ける使命が課せられるということ。
とうぜん、家族と暮らし続けることはできない。
そう考えれば、ほむらやマミに家族がいなかった理由にも説明がつく。
また、魂がソウルジェムに移されてしまい肉体がゾンビ状態であることも理由になる。

2.成長はするが、少女ではなくなった時点で魔女になってしまう。
何を根拠に少女ではなくなったと判断するのは難しいが、いやらしい話だと処女を失ったとき、とか。
それだと処女のままおばさんになってしまう可能性もあるので却下ですか?(と聞かれても)

そもそも、魔女はどこから来るのだろうか。

ぼくは魔法少女のなれの果てが魔女であると考えています。
魔法を使い続けると「穢れ」が溜まって、魂であるソウルジェムが濁る。
それは魔女を倒して得られるグリーフシードによって浄化できるけれど、いつでも手に入るものではなく、浄化できない場合もあるだろう。
穢れがいっぱいに溜まってしまったらどうなるか?

答えはそんない多くないのではないでしょうか。

話が冒頭に戻りますが、まどかが願うことは。
いや、主人公として願うべきことは。
まどかは戦いを終わらせる役目を担っていなければ主人公とはいえません。
したがって、願うべきこともそれにしたがったものでなければならない。

魔法少女になるための願いは決まっている。あとは、「覚悟」がまだ足りないだけ。

わずか1クールの短いアニメですが、きちんと決着をつけてほしいと思います。
スポンサーサイト

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


FC2カウンター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


マクロスF~名言集~



Spcial Thanks マクロスF

プロフィール

shin

Author:shin
ポケモンXをプレイ中ですぅ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。