スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

【読書】 ちょんまげぷりん 作:荒木 源 現代にやってきた侍がパティシエに? 【感想】

2011.04.04(Mon) | EDIT

ぱっと見、ふざけたタイトルかと思われますが、なかなかにパンチのきいた一冊です。

あらすじは、なにかの拍子で現代に迷い込んだ武士が、世話になった母子に家事で恩返しするというもの。
シングルマザーである主人公ひろ子は、江戸時代人である彼との考え方のちがいに戸惑いつつも、その助けによって日々を充実させていきます。
一方、家事に真摯に取り組むサムライはお菓子づくりに夢中になり、やがてはテレビ番組のお菓子コンテストで優勝するまでに腕を上げ、それがきっかけでテレビ番組に出ずっぱり。
江戸時代に帰る方法をさがすという本来の目的もわすれ、めまぐるしく毎日は過ぎていき、ひろ子とも距離が開いていってしまう。

そんな折、ひろ子の息子がいなくなるという事件が起こり―

この作品のおもしろいところは、武士が現代のものすべてに驚き戸惑う姿の滑稽さと、彼が現代人の怠慢や矛盾をばっさりと斬りつけてしまう硬派なメッセージ性の同居だと思います。
彼の言葉には、現代の日本人がわすれてしまった、古来より重んじられるべき誇りがあります。
そのひと言ひと言が発せられるたび、読んでいてはっとさせられてしまうのです。

現代に迷い込んでしまった彼の結末は?

それはどうかご自身で確かめてほしいと思います。
安直でありながらも、たしかな感動が得られることでしょう。

映画化もされているようですが、まずは小説をおすすめしたいと思います。


スポンサーサイト

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


FC2カウンター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


マクロスF~名言集~



Spcial Thanks マクロスF

プロフィール

shin

Author:shin
ポケモンXをプレイ中ですぅ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。