スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

映画ドラえもん、観客動員数累計で1億人突破。だそうです

2013.03.26(Tue) | EDIT

ドラえもんの映画が、1980年に公開された第1作「のび太の恐竜」から現在まで、観客動員数あわせて1億人を突破したそうです。

それまでは「ゴジラ」シリーズが動員数のトップだったそうですが、ドラえもんがその記録を塗り替えたようです。

NHKのニュースで見ただけなので詳しいことはよくわかりません。

ところで、映画ドラえもんで自分がいちばん好きな作品は、「雲の王国」です。2番めが「ブリキの迷宮(ラビリンス)」です。
この2作品、共通する点として、”ドラえもんが一時退場する”というところがあります。
とくに、ブリキの迷宮では物語の序盤にドラえもんが壊されて海の底に沈められてしまいます。
雲の王国でも、同様にドラえもんが故障してしまい役に立たなくなります。
ドラえもんをうしなったのび太たちが、どうやって危機を乗り越えていくのかが見どころだと思います。

雲の王国では、ドラえもんの道具によって空に王国をつくったのび太たちが、天上人と出会います。
はじめ友好的にみえた天上人たちは、じつは大雨によって地上を洗い流し水に沈める計画を立てていました。
その理由は、自分たちの利益のために自然を壊し動物の自由を奪う地上人に罰を与えるためだと言います。
はたして天上人の計画は実行されてしまうのか?のび太たちと天上人の戦いが始まります。
この映画は、ドラえもんの道具の使い方がとても良く出来ていると思いました。
序盤でなにげなく使われた道具が、あとになって重要な役割を果たしていたり、テレビ版での有名なエピソードが絡んでいたり、また、自然との共存というテーマが物語に深みを与えています。
この映画以降、自然との共存がテーマになった作品が増えたような気がします。

ブリキの迷宮は、ある日突然のび太の自宅にトランクが届けられます。
開けると巨大な門扉があらわれ、異次元空間につながっている様子。
くぐり抜けた先は、海と雪山に囲まれたお城。夢のリゾート地に思えたそこは、別の惑星からやってきた少年が追っ手から逃げるためのシェルターでした。
少年の故郷は、社会がロボットによるオートメーション化が進みすぎたため、人間が不要であると考えたロボットによる反乱が起こってしまったのです。
城の地下には不気味な迷宮があり、その中心にあるロボットの反乱を止めるプログラムを求めて少年とのび太たちは踏み込むのです。
先に書いたとおり、ドラえもんは早々に退場しているので、彼の力をいっさい借りない冒険は先が読めなくてドキドキの連続です。
この作品はロボットとの共存や、人間自身のちからで生きていくことがテーマになっており、「ねじ巻きシティ」や「ロボット王国」など、同様のテーマの作品がこの後もいくつか作られました。

声優陣がかわる以前のドラえもん映画はほとんど観ましたが、この2作品が自分はいちばん好きなのでこの機会に紹介いたしました。
よかったらご覧ください。
スポンサーサイト

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


FC2カウンター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


マクロスF~名言集~



Spcial Thanks マクロスF

プロフィール

shin

Author:shin
ポケモンXをプレイ中ですぅ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。