スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

マンション購入に向けて 住宅ローン番外編~元利均等と元金均等~

2013.04.29(Mon) | EDIT

最初に申し上げておきますと、ぼくは経済だとかファイナンスのことだとかまったくのド素人なので、今回の記事はお詳しい方々には「なに言ってんだお前?」って思われるかもしれません。
まあでもなんか書きたくなっちゃったので、自分へのメモ程度に聞きかじったことを記しておこうと思います。
追記にて書いておきますので、興味ない方はスルーしてください。

さて、住宅ローンのお話をするとかならず出てくる単語、それが元利金等と元金均等ですが、一般的には(9割以上)元利均等の方式がえらばれるそうです。※銀行の人いわく

元利金等とは、毎月の返済額が一定になるように元金(借り入れ部分)と利息を計算する方法です。
メリットは、毎回の支払いが同じなのでお金の管理がしやすいこと。
デメリットは元金部分が最初のうちはあまり減らないので、数年は利息ばっかり返してるイメージ。
そして、変動金利で繰上げ返済をしない場合、期間終了時に元金未払い分が発生することも (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

対して、
元金均等は、元金の部分を毎回おなじ返済額にし、利息は残高から算出したものを乗せる方法です。
メリットとして、元金がどんどん減っていくので支払額も毎回減っていくこと。総額も元利金等よりは少ない。
デメリットは元金の残高が多いうちは支払額も大きいのと、毎回の支払額がちがうので管理しにくいかも。
また、変動金利の場合の特約が受けられないことが、この方法の選ばれない最たる理由だそうです。

では、変動金利の特約とは何ぞや?
これは”変動金利で急激な金利上昇があった場合、いま支払っている額の125%以上は支払額が上がりませんよ”、というもの。
だから、月に5万円の支払いだったとしても、それが金利上昇によっていきなり10万円や15万円になったりはしません。
そういう特約が、元利金等の場合には受けられるのですが、元金均等の場合は受けられないそうです。
だから金利上昇の影響をモロに受けてしまう元金均等が選ばれないということです。

数字だけを見れば元金均等が有利なのですが、それだけではわからない部分もたくさんあるので、専門家によく聞いて後悔のない判断をしたいものですね。

あくまで銀行の人に聞いただけの素人目線の話なので、まちがっていたらごめんなさい。以上!
スポンサーサイト

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


FC2カウンター

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


マクロスF~名言集~



Spcial Thanks マクロスF

プロフィール

shin

Author:shin
ポケモンXをプレイ中ですぅ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。